酵素ドリンク

え?酵素ドリンクに酵素が入っていない?

市販の酵素ドリンクに隠された真実?

  • 「ファスティングしてみようかなと考えている」
  • 「美容や健康に酵素の必要性を感じている」
  • 「野菜ジュースの代わりになるものを探している」

色々な理由から酵素ドリンクを探している時に気づいた事ですが、一つ注意しなければいけないことがあると知りました。

それは、”市販の酵素ドリンクには、生きた酵素が含まれていないこと”です。

どうやら事実のようです。

殺菌工程が必要不可欠。
日本の法律では、酵素ドリンクは清涼飲料水に分類される為、製造段階で加熱処理する必要があるそうです。

一般的な酵素は、50℃~60℃程度で死んでしまうそうです。
つまり、この加熱処理(殺菌)によって、酵素ドリンクに含まれる酵素の大半は死滅(不活性状態)になってしまうのです。

酵素自体は、生き物のくくりではないですが、一度加熱処理で不活性になってしまうと、二度と活性化することはないらしいです。

つまり、活きた酵素を摂取することができない酵素ドリンクなので、ヨーグルトを食べるような感覚で酵素ドリンクを飲んでも、酵素ではなく、ただのブドウ糖飲料を飲んでいるような状態です。

酵素サプリを第一に考えてます

日本で販売されている酵素ドリンクは、加熱処理される必要性がある以上、あまり意味が無いことを知り、別の方法が無いのか探してみました。
まずは、酵素サプリを試してみようかなと検討中です。

もしくは、フリーズドライ製造のスーパーフードの粉末。
これは、いわゆる青汁のようなものですが、原料の多くにスーパーフードが使われているようです。

高栄養のスーパーフード+酵素の組み合わせ。
今後のスタンダードとなりそうな予感もします。

青汁と言えば、ケールですが、それ自体の栄養価の高さは認めるとしても、それで本当にバランスよく栄養を吸収出来るのかと考えると微妙なところです。

様々な野菜が含まれていて、それでいて発酵されていて酵素も含まれる。
酵素ドリンクの代用品というレベルでは無いかもしれません。

酵素サプリ+スーパーフードの酵素青汁

酵素サプリの中で探してみると、海外製で気になるものがありました。
その酵素サプリメントは、それぞれの酵素がどの位含まれているのか、しっかりと明記されています。

酵素は、三大栄養のように量が出るのか不思議だったのですが、実際に、そのサプリメントでは酵素の含有量が示されているので、把握しやすくて良いなと思ってます。

ちなみに、今まで、何年も海外製の粉末の青汁を継続して飲んでいました。

それもただの青汁ではなく、20種類以上もの野菜や果実が含まれていて、それらをフリーズドライ製法で製品化しているものです。これ自体もすでにスーパーフード酵素に分類されるかもしれませんが。

日本製の青汁は、水の中にいれるといとも簡単に溶けてしまい、「サラサラで飲みやすい」なんてのを売りにしている印象ですが、その青汁は、中身が濃いので溶けません。それだけエキスが集約されている気がします。

少し飲みづらいですが、これをジュースかぬるめのお湯に溶かして、更に豆乳などで混ぜて毎日欠かさず飲んでいます。

時々改良が加えられたりと、こだわって品質改良しているところが気に入って続けていましたが、その結果、様々なスーパーフードを原材料として使用した酵素青汁に切り替えていくという事でした。

酵素サプリだけでも十分補えそうですが、さらに、スーパーフードの粉末タイプ。この二つをうまく組み合わせれば、これだけでも食生活が成立してしまいそうなので注意しなくてはなりません。

色んな要素が強い

  • 今注目のスーパーフードが複数入っている
  • 製造過程で発酵が加えられていて低温発酵してある
  • 日本の酵素ドリンクのように加熱処理せずフリーズドライ製法

このスーパフード酵素飲料は、メインはもちろんスーパーフードですが、野菜ジュースとして、酵素ドリンクとして、そして、青汁としても活用することが出来ると思うので、今まで様々取り組んできたなら、これに一元化することも出来ると思います。

また、あまりこの辺は詳しくないものの、健康の為にも良さそうの一つ始めてみたいと考えている人にとっても、とりあえずこれだけでも続けていれば大丈夫じゃないかと思えるような内容となっています。

今までの青汁を終了しこちらに切り替えていくということなので、それはそれで残念な部分もありますが、スーパーフードの栄養価の高さと酵素を摂取する必要性を感じているなら、試してみる価値は十分にあると思います。

妊娠するには断食が良いらしい

「元気な子供を産むためには、しっかり栄養を!」と言われれば、普通にそうだと思ってしまいがちですが、妊娠するまでは、むしろ食べない方が良かったりするそうです。

実際、そうした目的の断食道場的なものもあるらしく、夫婦で食べない生活を続けると、身体の悪いものが出て行き、同時に、今まで食べる事に使われてきた酵素が身体の代謝に使われるようになるので、卵子も精子も健康な状態になり、妊娠確率がアップするという情報もあります。

情報というか、実際に、そうした道場に行って子供が出来たという事実でしょうか。

だからと言って、すぐに簡単に始められるわけではないのが断食。
その辺もやり方があるのだと思いますが、これは、日本の家族を見ても明らかです。

昔は、兄弟が5人以上というのも当たり前でしたが、その時代背景は、戦後だったりするので食べ物も不自由で限られています。今のような生活習慣病も少なかった時代。

ちゃんと食べるものも食べられていないのに、子供がこんなに産まれ、しかも、健康的に育つ。これこそが意味する所みたいです。でも、今の生活だと、食品に恵まれて、色々なものを食べる事が出来ます。

健康の為、元気な赤ちゃんを産むためにと、その前から、しっかり食べ過ぎた結果、妊娠しにくい身体になっていたなんて考えると、努力が水の泡と思ってしまうものですが、これからの時代は、何でも追加するプラスの食事から、身体に負担をかけないマイナスの食事が結局は、身体の為になるのかもしれません。

妊娠したいと常々思って不妊治療を続けている人は、まずは、食べない方法での不妊治療を考えて行動してみるというのも一つの方法かもしれません。
生理周期が安定しない人も、断食に近い食事を用いる事で生理周期が安定したとなれば、それは、やっぱり食べ過ぎが原因。

しっかりと調べる為にも、排卵検査薬を使ってLHの変化などを確認すると、どちらが正解なのか見えてくるかもしれません。